アルク生技研はマシニングセンター用高精度治具を核に、航空機エンジン部品用治具、NC旋盤用治具、精密測定器・ゲージ類の設計製作を行いお客様の量産機械加工を支えます。 また1個から100個以上の精密部品加工、その他組立・検査まで一括で承ります。 さらに自社開発の角穴加工専用工具「ソケットツール」の製造販売を行っています。

alc News

レーザーマーカ キーエンス MD-X1000 導入

フライス盤を改造してレーザーマーカを取付けました。
もちろんR面や傾斜面など立体形状にも対応

角穴加工専用工具ソケットツールにNo.3、No.48シリーズが登場。

No.3シリーズは従来機(No.4シリーズ)よりもコンパクトに設計されつつも、加工能力は同等でカッターはNo.4と共有できます。No.48シリーズは六角穴対辺0.7mmから加工できる待望の小型ソケットツール。BT30マシニングセンターや櫛刃型旋盤で御利用いただけます。

CNC旋盤 DMG MORI NLX2500Y/700導入。

Y軸仕様、10インチチャック、ハイプレッシャークーラント、ユニバーサルホルダーを装備。

精密マシニングセンタ MAKINO FB127導入。

主軸テーパ HSK-63A、高精度ワーク自動測定装置(マーポス製OGP70)、スーパーGI.4制御、切削油液温度コントローラーなどの特別仕様も装備。

株式会社 アルク生技研
〒581-0039 大阪府八尾市太田新町1丁目271番地  TEL : 072-920-6667 / FAX : 072-920-6668